【完全版】エアコン工事費込み・工事のみ・取り付け業者の評判や相場を比較!ヤマダ電機、ヨドバシなどの量販店系や、Amazonやジャパネットなど。おすすめで安いエアコンも紹介

エアコン

「エアコンの取り付け工事を頼みたいけれど、どこの業者なら追加請求されにくいの?」

不透明な追加工事費を請求されるトラブルを避けるため、安心できる業者に依頼したいものの、どこが安心できるのか情報が非常に少ないのが実情です。

そこで今回、家電量販店系の業者から、Amazonやジャパネットなどのネット通販業者、くらしのマーケットなどの電気工事士への直接依頼など、複数の工事業者の工事料金や信用度をまとめて紹介します。

エアコン同時購入時の価格工事のみの価格で分けて比較するため、ご自身が求めているケースに合わせてご覧ください。

なお、エアコンの売れ筋ランキングや、43℃を超える高温冷房運転や外気2℃の低温暖房能力などについても紹介しているため、エアコンを探しの情報源としてもご利用ください。

各家電量販店とネット通販会社の工事費を比較(エアコン同時購入時)

エアコンの工事を商品の購入と同時に申し込むと、2つのメリットがあります。

  • 業者を手配する手間を省ける
  • 工事費が少しだけ安くなる

同時購入はヨドバシカメラやヤマダ電機などの大手家電量販店や、ジャパネットやAmazonなどの通販会社で利用できるため、それぞれ同時購入した場合の『標準工事費』をまとめて比較してみましょう。

~3.6kw4.0kw~4.1kw~5.0kw~5.6kw~
ヨドバシカメラ10,780円~15,950円~
ビックカメラ10,780円~15,950円~
ヤマダ電機14,300円~20,680円~
ケーズデンキ14,300円~19,800円~
エディオン15,400円~(要見積もり)
ジョーシン14,300円~19,800円~
ジャパネット14,300円~22,000円~
Amazon3.6kw以下でも13,000~23,000円とバラバラ
Amazon
(アイリスプラザ)
平均15,400円平均20,000円
くらしのマーケット平均14,730円平均20,620円
全て税込み。アイリスプラザは出品商品ごとに異なる。くらしのマーケットは評価の高いサービス提供者10社の平均。

『標準工事費』とは、主に次の環境における設置費用を指します。
・室内機を設置する壁の近くにコンセントがある
・配管を通す壁の穴が空いている
・配管の長さが4m以内(テープ巻き仕上げ)
・室外機は平地やベランダ置き

条件を満たせば標準工事として追加料金なしで工事を行ってくれますが、工事料金は大きく2段階に分かれており、主に冷房能力4.0kw(10畳用)を基準に金額が上下します。

冷房能力が高いと本体が大きくなったり、換気機能などが付いて配管本数が増えたりするため、工事料金が高くなります。

工事料金はヨドバシカメラとビックカメラが比較的安いといえますが、標準工事費には次にお話する「追加工事費」が加算される可能性があるため注意しましょう。

追加工事費

配管延長
2分3分
配管カバー
(外・2m)
既存
取り外し
リサイクル
料金
ヨドバシカメラ2,200円/m5,500円4,400円1,540円~
ビックカメラ2,750円/m5,500円4,400円2,640円~
ヤマダ電機3,300円/m5,500円6,600円3,190円~
ケーズデンキ3,300円/m5,500円6,600円3,190円~
エディオン要見積もり5,500円5,500円2,090円~
ジョーシン3,300円/m5,000円5,400円2,090円~
ジャパネット3,300円/m7,150円4,950円2,640円~
Amazon3,960円/m6,600円6,600円5,390円~
Amazon
(アイリスプラザ)
3,300円/m8,000円6,600円~10,923円
(固定)
くらしのマーケット※2,980円/m6,360円/台5,190円1,520円
全て税込み。平置き・ベランダ置きの場合 ※くらしのマーケットは評価の高いサービス提供者10社の平均。
  • 配管は4mまで追加料金不要だが、高低差だけで2m、室内機の背面と室外機の側面までで1mほど使用するため、位置が左右に少しズレると意外と余裕がない
  • テープ巻きでも10年程度は問題ないが、より長くもたせたいならカバーが欲しい(特に配管を延長して繋ぎ目がある場合)
  • 取り外しはかんたんな作業に見えて、それなりに費用が掛かる
  • リサイクル料金は「純粋なリサイクル費」+「運搬料金」で構成され、前者はリサイクルに出すエアコンのメーカーごとに法律で決まっているが、運搬料金は請け負う業者が自由に設定している

追加料金やリサイクル料金についてもヨドバシカメラとビックカメラが安いといえますが、あくまでもエアコン本体との同時購入における設定金額であるため、本体が安くないと無意味です。

どの家電量販店でも共通して在庫がある、2023年発売の日立製のベーシックモデル、RAS-D22N(6畳用)で比較してみましょう。

本体価格と工事費の合計を比較(RAS-D22N:6畳用の場合)

本体価格工事費ポイント還元実質負担
ヨドバシカメラ100,580円10,780円10,058pt101,302円
ビックカメラ104,800円込み10,480pt94,320円
ヤマダ電機100,580円14,300円10,058pt104,822円
ケーズデンキ109,450円込み109,450円
エディオン94,400円※15,400円109,800円
ジョーシン90,500円14,300円9,050pt95,750円
ジャパネット83,760円※込み83,760円
Amazon工事込みでの販売なし
Amazon
(アイリスプラザ)
同上
くらしのマーケット工事のみ請負。商品は別途用意
※日立とコラボしたオリジナルモデルのみ販売 性能は同等で送料込み 全て税込み 2023年5月30日時点

大手家電量販店の中ではビックカメラがもっとも安く、価格.comの本体最安値79,800円と比較しても14,520円差(ビックカメラは工事費込み)であるため、工事費だけでなく本体価格も十分に低額であるといえます。

また、ジャパネットは自社スタッフで工事を行うため、外部委託の家電量販店と違って工事費込みの金額が非常に安くなります。

ただし、ジャパネットは価格を抑えるために一部機能が削除または縮小されたオリジナルモデルしか取り扱っておらず、基本性能は同じながら次のデメリットがあります。

  • 外気温50度の極猛暑での運転機能を削除(ジャパネットモデルは46度まで)
  • 室外機のホコリ除去機能「凍結洗浄」を削除
  • 室内機のカビ発生を熱で抑制する機能を縮小(動作時間75→60分に)

単純に部屋を冷やす、暖めるだけであればジャパネットは低価格でエアコンを導入できる有力な選択肢となりますが、家電量販店には在庫限りの旧モデルが売り出されていることがあるため、合わせてそちらも見てみましょう。

各家電量販店やネット通販で最安値モデル(本体+工事費込)

最安値メーカー型番
ヨドバシカメラ85,780円ダイキンAN22ZES-W
ビックカメラ69,800円amadanaAT-HG2213-W
ヤマダ電機79,090円シャープAY-P22D-W
ケーズデンキ93,500円東芝RAS-K221M(W)
エディオン64,600円ハイセンスHAS25FWS
ジョーシン69,100円三菱SRK2222T-W
ジャパネット68,760円アイリスオーヤマIHF-2206G
Amazon60,800円日立RAS-AJ22M
Amazon
(アイリスプラザ)
69,800円アイリスオーヤマIRA-2821G
くらしのマーケット54,730円※日立RAS-AJ22M
※くらしのマーケットは評価の高いサービス提供者10社の平均工事費+価格ドットコム1番人気のモデルの組み合わせ 全て税込み 2023年5月30日時点
  • 最安値はいずれの機種も6畳用(アイリスプラザのみ10畳用)
  • メーカーやグレードを気にしない場合は、7万円以下で本体も標準工事費も支払いが完了する
  • amadanaは自社生産でなく外部委託で製造しているため、同価格ならほかのメーカーがおすすめ
  • Amazon(アイリスプラザでない)は人気の日立製が最安値となっているが、追加工事費が発生する可能性が高い

最安値が7万円弱であるため、自身が欲しいメーカーや性能によって金額がプラスされていきます。

プラスされる金額が本体の性能に直結していれば納得できる出費ですが、素人にはよく分からない工事費が加算されると非常に納得しづらいです。

家電量販店もネット通販会社も、追加工事費の金額と内容を公表していますが、本当にその通りにいくのかどうか、実態を見てみましょう

なお、くらしのマーケットを利用したエアコン導入方法は後ほど詳しく紹介します。

工事業者の信用度(納得いかない追加工事費が発生しづらい業者)

「標準工事費で収まるはずなのに、追加料金を請求された」

電化製品と違い、工事費は決まっているようで決まっていない金額であるため、後からお金を請求されることがよくあります。

  • 電化製品は売れたら利益が確定するビジネスモデル(返品されても再販売できる)
  • 工事は受注しても利益が確定しない(キャンセルされると、工事予定時間の収入が0円)

家電量販店やジャパネットやAmazonなどの工事業者を、その実態から追加請求するリスクを詳しく見ていきましょう。

家電量販店:信頼度〇

工事業者外部委託
工事件数多い
業者の収入安定
業者の規模大きい
パワーバランス家電量販店>工事業者
トラブル時家電量販店に行って相談が可能
  • 業者の規模が大きくて収入も安定しており、1人1人の収入に対する危機感が小さい
  • 不透明な追加請求をしてクレームに発展すると、案件を回してくれる家電量販店とのやり取りで時間を大幅に浪費する

請求金額でトラブルになって家電量販店で相談すると、家電量販店と工事業者で1時間単位のやり取りが行われることも少なくありません。

現場レベルのやり取りなので業務委託を解除するなどのリスクはないものの、工事業者としてもやり取りで拘束されては仕事に影響します。

特に、現場レベルのやり取り=施工した本人が全て受け答えするため、収入が安定しているならトラブルを避けたいのが本音でしょう。

家電量販店から委託されている業者は追加工事費のノルマはないと予想されるため、まず信用しても大丈夫といえます。

ジャパネット:信用度◎

工事業者自社スタッフ
工事件数多い
業者の収入安定
業者の規模大きい
パワーバランス販売・企画部門>工事部門
トラブル時相談窓口への電話のみ

ジャパネットは自社スタッフで工事を行っており、そもそものビジネスモデルがほかと異なります

  • 一般的な工事業者は、工事を請け負って利益を上げるため、本音をいえば追加工事費が欲しい
  • ジャパネットは、自社で製品を販売して利益を上げた後の補完サービスとして工事を行っているため、工事で儲けようとしていない

もちろん、ビジネスなので配管カバーを付けませんか?などの提案はしてくるでしょうが、何の説明もなしに追加工事して請求してくることはないでしょう。

販売と工事を自社で完結しているからこそ、トラブルを起こして自社で販売した製品が返品されるリスクを避けるはずです。

ただ、ジャパネットのスタッフともなれば、さりげない営業トーク程度は叩き込まれているかもしれないため、配管カバーなどのオプション工事は必要か不要か、予め自分で想定しておくと良いかもしれません。

Amazon:信用度×

工事業者外部委託
工事件数少ない
業者の収入安定しない
業者の規模小さい
パワーバランスAmazonは業者に深く関与しない
トラブル時相談窓口なし

Amazonの工事費込みエアコンは、工事費も工事を請け負う業者もバラバラです。まったく統一されていません。

  • どの業者も受注件数が少なく、追加工事費なしでは会社が苦しい
  • 会社の規模も小さいため、1人1人の危機意識が非常に高い
  • Amazonは工事内容に関与しないため、トラブルとなっても購入者が泣き寝入りするしかない

結論をいえば、Amazonで工事費込みのエアコンは購入しない方が良いです。

購入者としては標準工事費で収まる内容に見えても、結果的に1万円以上の追加工事費を請求されるケースが多々あります。

そもそもの標準工事費の金額設定もバラバラであるため、実行力のあるルールが整備されていないAmazonで工事するなら、製品だけ買って工事を家電量販店やくらしのマーケットで依頼する方が安心できます。

ただし、Amazonであっても、アイリスオーヤマが運営するアイリスプラザが工事を手配するエアコンだけは、工事費込みで購入しても良いかもしれません。

Amazon(アイリスプラザ):信用度〇

引用元:アイリスプラザ公式HP

アイリスオーヤマは自社通販サイトとしてアイリスプラザを運営しており、Amazonにも出店しています。

アイリスプラザも結局は工事を外部に委託するものの、Amazonでなくアイリスプラザ自身が提携業者を手配するため、不透明な追加工事費のリスクが非常に少ない優良業者が手配される可能性が高いです。

工事業者外部委託
工事件数非常に多い(年間100万件以上)
業者の収入安定
業者の規模大きい
パワーバランスアイリスプラザ>工事業者
トラブル時相談窓口への電話のみ

アイリスプラザは実店舗を構えていないため、万が一トラブルになった場合の相談窓口への電話しかありませんが、業者の安定性とAmazon内での口コミの良さから、家電量販店で購入する場合と同程度信用しても良いでしょう。

Amazonのページで、販売元が株式会社アイリスプラザとなっている工事費込みエアコンであれば、購入してもトラブルになる可能性は低いと思われます。

引用元:Amazon公式HP

ただし、2点注意すべき内容があります。

  • アイリスプラザが販売元となるエアコンは、アイリスオーヤマ製のみである
  • 工事業者は信用して良いが、リサイクル業者は信用できない

アイリスオーヤマ製のエアコンは、冷房機能は他社と比較しても申し分ありませんが、外気2℃における低温暖房性能が公表されていません。

動作しなくなるわけではありませんが、外気が冷たいと暖房能力が落ちて電気代が上がる可能性があるため、毎年雪が積もる寒冷地で使用するのであれば、ほかのメーカーを購入した方が良いかもしれません。

また、アイリスプラザは工事業者とリサイクル業者を分けて手配する、ほかでは見られない特殊な段取りをしています。

  • それぞれの業者と日程を調整し、応対する手間がある
  • リサイクル業者に支払う料金が信じられないくらい高い

リサイクル料金は法律で定められている「再商品化費用」+業者が独自で設定する「収集運搬費用」で構成されますが、アイリスプラザが手配する業者は10,923円の固定金額を現地で現金払いすることになります。

引用元:アイリスプラザ公式HP

収集運搬費用は最安のヨドバシカメラが550円で、最高のAmazonであっても4,400円です。

再商品化費用はリサイクルに出すメーカーごとに異なりますが、ヤンマー製を除けば990~2,000円であるため、ほとんどの場合は1,540~6,400円で収まります。

再商品化費用『990円』+取集運搬費用
シャープダイキン東芝パナソニック
富士通三菱コロナトヨトミ
ハイアールハイセンス日立フナイ
再商品化費用『2,000円』+取集運搬費用
アイリスオーヤマ山善ニトリノジマ
再商品化費用『9,900円』+取集運搬費用
ヤンマー

しかしアイリスプラザでは10、923円を支払うことになるため、リサイクル費用で損をします。

Amazon(アイリスプラザ)の工事込のエアコンは有力な選択肢ではありますが、リサイクルを依頼しない方か、リサイクルを家電量販店に依頼したり、自身で処分場に持ち込む方のみおすすめします(Amazonアイリスプラザのエアコン一覧はのちほど紹介します)。

なお、Amazonの商品ページで収集運搬費用3,000円と表記された写真がありますが、アイリスプラザのヘルプページや公式HPでは3,000円の記載はありません。

同じ商品ページでも販売元が異なるケースがあるため、アイリスプラザ以外の場合に適用されるものと考えられます。

くらしのマーケット:信用度◎

引用元:くらしのマーケット公式HP

くらしのマーケットは工事のみを依頼するサービスであるため、エアコンはAmazonなどで購入する必要がありますが、信用度が非常に高いため紹介いたします。

工事業者電気工事士に直接依頼
工事件数少ないが、マージンが直接入る
業者の収入安定
業者の規模個人または非常に小規模な会社
パワーバランス依頼主>工事担当者
トラブル時口コミ評価で大ダメージ

くらしのマーケットは、価格.comのサービス版のようなもので、エアコン工事を請け負える電気工事士個人や、極めて小規模な会社が数多く登録されています。

  • 口コミ件数が1個人ごとに数十から数千と圧倒的に多く、価格だけでなく口コミが多い順や評価の高い順に並べ替えて担当者を探せる
  • 工事料金はもちろん、工事担当者の顔を見て選べる
  • 見積もり相談から実際の工事まで基本的に同じ人が担当する(例外はあるが、次の理由から異なる人であっても質は高いと想像される)

最大のメリットが、悪い口コミが登録されると一気に信用が落ちて収入が減るため、丁寧な応対をするしかない不透明な追加工事費の請求をしにくい環境である点です。

口コミの良さで工事を受注するため、悪い口コミを残すわけにいきません。

追加工事費を得られないと収入が落ちますが、個人業者であれば直接的な収入源となるため安定しやすく、小規模会社はくらしのマーケット以外でも営業していることが多いため、収入源の確保は困難ではないでしょう(くらしのマーケットでの口コミ評価を宣伝の武器として使えるため、少なくともくらしのマーケットでは丁寧な応対をすると予想される)。

トラブルがあっても表面化しない家電量販店やネット通販での工事依頼と違い、くらしのマーケットはトラブルがあれば口コミで目に見えるため、非常に透明性の高いサービスといえます。

製品を別で購入する手間がありますが、購入も工事手配もインターネットで完結できるため、大きな負担とならず、むしろ現代的でかんたんな方法かもしれません。

工事後の清掃サービスや、リサイクルを0円で請け負う工事主も多くいるため、興味がわいた方はぜひ公式HPをチェックしましょう。

工事費(工事のみ依頼)

エアコンを通販で購入したり、既存のエアコンを移設したりする場合は、工事のみ依頼できる窓口が必要です。

  • 家電量販店はエアコンを購入しなくても工事を依頼可能
  • ジャパネットやAmazonなどは工事のみの依頼は不可
  • ネットで探して見つかる業者の多くは信用度×(トラブルが表面化しないため、納得いかない追加工事費を請求される恐れがある)

お店で依頼するなら家電量販店の信用度が高く、ネットで探すなら、口コミの良さで工事を受注する「くらしのマーケット」のみおすすめします(各業者の信用度は⇧で紹介しています)。

~3.6kw4.0kw~4.1kw~5.0kw~5.6kw~
ヨドバシカメラ14,080円~19,250円~
ビックカメラ14,080円~19,250円~
ヤマダ電機17,600円~23,980円~
ケーズデンキ17,600円~24,100円~
エディオン18,700円~
ジョーシン17,600円~24,100円~
ジャパネット工事のみ不可
Amazon工事のみ不可
Amazon
(アイリスプラザ)
工事のみ不可
くらしのマーケット平均14,730円平均20,620円
全て税込み。アイリスプラザは出品商品ごとに異なる。くらしのマーケットは評価の高いサービス提供者10社の平均。
  • 家電量販店で依頼する場合、エアコンの購入がない場合より標準工事費が3,300~4,400円高くなる
  • 配管の延長など、追加工事における具材費用はエアコン購入有無に関係なく一律だが、既存エアコンの取り外しやリサイクルの収集運搬費用など、作業費用は一律で高くなる
配管延長
2分3分
配管カバー
(外・2m)
既存
取り外し
リサイクル
料金
ヨドバシカメラ2,200円/m5,500円7,700円2,640円~
ビックカメラ2,750円/m5,500円7,700円3,740円~
ヤマダ電機3,300円/m5,500円9,900円4,290円~
ケーズデンキ3,300円/m5,500円9,900円4,290円~
エディオン要見積もり5,500円8,800円3,190円~
ジョーシン3,300円/m5,000円8,700円4,290円~
ジャパネット工事のみ不可
Amazon工事のみ不可
Amazon
(アイリスプラザ)
工事のみ不可
くらしのマーケット※2,980円/m6,360円/台5,190円1,520円
全て税込み。※くらしのマーケットは評価の高いサービス提供者10社の平均。
家電量販店くらしのマーケット
新規工事14,080円~平均14,730円
入替工事24,420円~平均21,440円
申し込み店頭または電話ネット
事前見積もり2,200~3,300円
現地で正確な見積もり
0円
チャットで簡易的な見積もり
電話である程度正確な見積もり
当日見積もり事前見積もりを依頼しなかった場合は実施実施
手間店頭でも電話でも家電担当者の手が空いていないと、受付の待ち時間が長い自分で工事担当者を選ぶ必要がある
メリット業者を選ぶ手間がなく、手配される業者の信用度もある程度高い口コミや評価を見て、信用度が高い工事担当者を自分で指名できる
全て税込み。※くらしのマーケットは評価の高いサービス提供者10社の平均。

工事のみ依頼する場合は、店頭での依頼や相談が可能な家電量販店か、悪い口コミを残せない(丁寧な応対をするしかない)くらしのマーケットを利用しましょう。

家電量販店の中で信用度の差を推し量ることは難しいですが、売上が多いと工事受注件数も多い=工事業者の収入も安定しやすいため、不透明な追加工事費を請求されるリスクが小さくなるかもしれません。

ヤマダ電機1兆7,525億円685店舗
ビックカメラ8,479億円45店舗
ケーズデンキ7,925億円528店舗
エディオン7,681億円1,199店舗
ヨドバシカメラ7,046億円24店舗

ただし、少ない店舗数で高い売上を記録している家電量販店は、購入者の満足度が高くてリピートされているとも考えられるため、ビックカメラとヨドバシカメラがもっとも信用できるかもしれません。

実際に、業界内ではビックカメラとヨドバシカメラの店員の応対がもっとも丁寧と噂されています(※工事業者の応対の良し悪しの情報まではないが、トラブルがあった場合に店員が工事業者へ掛け合ってくれるため、店員の姿勢が多少なりとも業者にも影響していると考えられる)。

不透明な追加工事費を請求されないコツ

エアコン工事において、設置する場所によっては標準工事の枠で収まらず、どうしても追加工事費が掛かる場合もありますが、不透明な追加工事費は避けたいところ。

納得いかない工事費を避けるコツは、工事業者に考える時間を与えないことです。

  • 大前提として、工事業者も収益を上げなくてはいけないため、標準工事費で終わらせたい業者はいない
  • 業者は、どこに手を加えればある程度妥当な追加請求ができるか、この依頼主なら妥当でなくても追加請求できるか常に考えながら作業している

工事は最短で60分、既存取り外しがあると最短90分の時間が掛かるため、追加請求できるかどうか考える時間が多くあります。

時間があれば、家の環境や依頼主の様子を見て、納得させるための話の組み立てが十分に可能です。

だからこそ、追加工事の必要性があるかどうか、顔を合わせた時点で即座に尋ねましょう。

ここがポイント!
・顔を合わせたばかりでは、依頼主が不透明な追加請求に応じるかどうかの判断材料がない(むしろ即座に聞く時点で難しいと考えやすい)
・追加工事の必要性を聞かれた業者は設置場所を確認して答えるが、本当は不要だけれど納得させられる追加工事を見つける時間がない

結果、「おそらく必要ないが、もしかしたら必要な場所があるかもしれない」と答えるケースが多く、「おそらく」であっても否定的な意見を述べた手前、あとでやっぱり掛かりますとは言い出しにくくなります。

このとき、本当に必要な追加工事がある場合は事前に教えて欲しいとお願いしておくと、工事業者は依頼主を納得させない限り追加工事できない状況になるため、不透明な工事費を請求されるリスクを下げられます。

業者の中には一方的に請求してくるケースもあるため絶対ではありませんが、多くの業者は追加工事費が欲しい一方でトラブルを避けたい気持ちもあるため、リスクを推し量らせて今回の工事では無理だなと思わせることが重要です。


また、どこまでが標準工事で、どこからが追加工事なのか把握しておくことも重要です。

特に、既存エアコンの取り外しや、既存配管カバーの取り外し、配管カバーの再利用などでも追加工事費が掛かるため、依頼する前に工事料金表を確認したり見積もりを依頼したりして、正確な金額を把握しておきましょう。

製品選びも工事手配もネットで完結したい人へのおすすめ購入法

家電を買う場所といえば、昔は家電量販店が主流でしたが、年々店頭に足を運ぶ人が減っていて、現在は約半数の人がネットで購入しています。

  • ネットは型落ちモデルが豊富なため、コスパが非常に良い
  • 購入や工事手配でお店に行く手間もない
  • ネットは信用できる工事業者の手配が難問

信用できる工事業者について、Amazon(販売元がアイリスプラザ)とくらしのマーケットだけは信用度が高く、検討する価値があるため詳しく紹介させていただきます。

Amazon(アイリスプラザ)でおすすめの工事費込エアコン

販売元がアイリスプラザであれば、アイリスプラザが自身の提携業者を手配してくれるため、信用度の高い業者が派遣され、ネットで購入も工事手配も完結させたい方におすすめです。

アイリスプラザの信用度が高い理由はすでに述べましたが(まだ見ていない方は自動スクロールで⇧まで素早く移動できます)、年間工事件数が100万件以上あるため、工事業者の収入が安定しており、不必要な追加工事を無理やり請求されるリスクは高くありません。

ただし、以下の点に気を付けてください。

  • リサイクルは別業者が手配され、高額請求される(10,923円)
  • Amazonで販売されているアイリスオーヤマ製エアコンは、アイリスプラザでない販売元が多くある

リサイクルは家電量販店などに依頼できるものの、ネットで完結できないため、基本的にリサイクルがない方のみAmazon(アイリスプラザ)での購入をおすすめします。

販売元はAmazonページ内の購入ボタンの下に記載されるため、1つ1つ確認していけば大丈夫ですが、⇩に抜き出してあるため、どうぞご利用下さい(※購入する場合は販売元がアイリスプラザであることを最終確認してください)。

価格(税込・標準工事費込)74,800円
対応空間6畳
冷房能力2.2kw
暖房能力2.5kw
夏の電気代(1日8時間)1,783円/月
冬の電気代(1日8時間)3,649円/月
内部清潔高性能フィルター搭載
空気清浄機能空気清浄のみの運転も可
追加工事費の一例配管延長3,300円/m
既存エアコン取り外し6,600円~
リサイクル10,923円/台
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 
価格(税込・標準工事費込)69,800円
対応空間10畳
冷房能力2.8kw
暖房能力3.6kw
夏の電気代(1日8時間)2,274円/月
冬の電気代(1日8時間)4,653円/月
内部清潔内部の除湿機能搭載
空気清浄機能
追加工事費の一例配管延長3,300円/m
既存エアコン取り外し6,600円~
リサイクル10,923円/台
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 
価格(税込・標準工事費込)84,800円
対応空間12畳
冷房能力3.6kw
暖房能力4.2kw
夏の電気代(1日8時間)3,432円/月
冬の電気代(1日8時間)7,022円/月
内部清潔高性能フィルター搭載
空気清浄機能空気清浄のみの運転も可
追加工事費の一例配管延長3,300円/m
既存エアコン取り外し6,600円~
リサイクル10,923円/台
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 
価格(税込・標準工事費込)89,800円
対応空間14畳
冷房能力4.0kw
暖房能力5.0kw
夏の電気代(1日8時間)3,826円/月
冬の電気代(1日8時間)7,828円/月
内部清潔高性能フィルター搭載
空気清浄機能空気清浄のみの運転も可
追加工事費の一例配管延長3,300円/m
既存エアコン取り外し6,600円~
リサイクル10,923円/台
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

Amazonでエアコンを購入して、くらしのマーケットで工事を依頼

Amazonでエアコンを購入すると家電量販店と比較して費用を大きく抑えられ、くらしのマーケットで工事を依頼すると、納得いかない追加工事費が発生する可能性を限りなく低くできます。

くらしのマーケットの標準工事費は、評価の高いサービス提供者10者の平均で14,730円であり、内6者は0円でリサイクルを請け負っていたため、信用できる人の中からさらにコスパの高い人に依頼できます(詳細は先ほど紹介済みです:自動スクロールで戻って見る⇧)。

また、Amazonでは型落ちのモデルが豊富に販売されているため、人気の日立や三菱製や、対応畳数の広いエアコンも低価格で購入できます。

例えば10畳用の日立や三菱製で5万7千前後で購入できるため、やはり家電は通販で購入すると、非常にコスパが高いといえます。

売れ筋ランキング(Amazon)

Amazonにおけるエアコン単品販売の売れ筋ランキングを紹介します(10万円以下のモデルのみ)。

モデルの詳細はランキングに続いて紹介しますが、気になるモデルがあった場合は、メーカー名や型番をクリック(ラップ)すると詳細ページまで自動スクロールで移動できます。

順位メーカー
型番
価格(税込)空間月の電気代
1位アイリスオーヤマ
IRA-2821G
54,800円10畳用夏2,274円/月
冬4,653円/月
2位三菱
MSZ-GV2221(W) 
43,980円6畳用夏1,786円/月
冬3,654円/月
3位日立
RAS-AJ22M-W
44,800円6畳用夏1,786円/月
冬3,654円/月
4位日立
RAS-AJ25M-W
46,910円8畳用夏2,030円/月
冬4,153円/月
5位アイリスオーヤマ
 IHF-2207G
41,700円6畳用夏1,903円/月
冬3,893円/月
6位三菱
MSZ-GV2822(W)
57,598円10畳用夏2,274円/月
冬4,653円/月
7位日立
RAS-AJ28M-W
56,680円10畳用夏2,314円/月
冬4,734円/月
8位三菱
MSZ-GV2522(W) 
48,680円8畳用夏2,030円/月
冬4,153円/月
9位シャープ
AC-22PFT-W
42,800円6畳用夏1,786円/月
冬3,654円/月
10位ダイキン
S28ZTES-W
 
63,480円10畳用夏2,314円/月
冬4,734円/月
11位ダイキン
S223ATES-W
50,000円6畳用夏1,786円/月
冬3,654円/月
12位東芝
RAS-2212TM-W
43,800円6畳用夏1,818円/月
冬3,720円/月
13位ハイセンス
HA-G40E2-WS
74,980円14畳用夏3,507円/月
冬7,175円/月
14位三菱
MSZ-BXV4022S(W)
97,800円14畳用夏3,846円/月
冬7,868円/月
15位シャープ
AY-L40P-W
89,800円14畳用夏3,696円/月
冬7,563円/月
16位シャープ
AY-P25S-W
56,800円8畳用夏2,030円/月
冬4,153円/月
17位アイリスオーヤマ
 IAF-3605GF
69,800円12畳用夏3,432円/月
冬7,022円/月
18位アイリスオーヤマ
IAF-4005GF
74,800円14畳用夏3,826円/月
冬7,828円/月
19位パナソニック
CS-362DJ2-W
71,933円12畳用夏3,392円/月
冬6,941円/月
20位三菱
MSZ-GV5622S(W) 
95,800円18畳用夏5,275円/月
冬10,793円/月
圏外ダイキン
S253ATES-W
60,741円8畳用夏2,030円/月
冬4,153円/月
圏外日立
RAS-AJ36J-W
84,600円12畳用夏3,462円/月
冬7,084円/月
圏外日立
RAS-F40RM2
89,709円14畳用夏3,846円/月
冬7,868円/月
圏外ダイキン
S40ZTEP-W
99,800円14畳用夏3,846円/月
冬7,868円/月
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

基本的には価格が安いモデルが上位にランクインしていますが、全体的な傾向として次の4社が人気があります。

  • アイリスオーヤマ製は価格の安さで人気
  • 三菱は外気2℃以下の低温暖房能力が高く、空気清浄機能もあるため人気
  • 日立は空気清浄機能がないが、低温暖房能力に加えて外気50℃での高温冷房運転が可能
  • ダイキンは高いが、三菱と日立の良いところを完備(空気清浄機能+低温高温運転※A、Zシリーズのみ)

空気清浄機能は、加湿機能付き空気清浄機を使うことでも対応できますが、低温暖房能力が備わっていないと、冬の暖房効率が落ちて電気代が上がり、高温冷房運転ができないと、保護装置が働いて動かない恐れがあります。

近年は気温が40℃に達することもあり、室外機を設置する場所が日陰でない場合は40℃を超えることも十分にあり得るため、酷暑への備えをより確かなものにするのであれば、出来れば日立かダイキン製のエアコンがおすすめです。

メーカーごとの差がないと思われがちなエアコンの基本性能を、それぞれ分かりやすく見てみましょう。

6畳用おすすめエアコン

メーカー
型番
価格(税込)高温冷房運転低温暖房能力空気清浄
三菱
MSZ-GV2221(W) 
43,980円46℃まで2.8kw
日立
RAS-AJ22M-W
44,800円50℃まで2.8kw
アイリスオーヤマ
 IHF-2207G
41,700円非公表非公表
シャープ
AC-22PFT-W
42,800円45℃まで2.7kw
ダイキン
S223ATES-W
50,000円50℃まで2.8kw
東芝
RAS-2212TM-W
43,800円43℃まで2.7kw
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

安さならアイリスオーヤマ製ですが、2,280円プラスすれば46℃の高温冷房運転、2℃の低温暖房能力に空気清浄機能まで手に入るため三菱製がおすすめです。

空気清浄機能は加湿器を使用する方も多いため、50℃までの高温冷房運転が可能な日立製もおすすめです。

ダイキン製は高いものの、10年使うことを考えれば十分に元は取れるかもしれません。

【三菱 MSZ-GV2221(W)】 

価格(税込)43,980円
対応空間6畳
冷房能力2.2kw(外気46℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)2.8kw
夏の電気代(1日8時間)夏1,786円/月
冬の電気代(1日8時間)冬3,654円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルターPM2.5対応高性能フィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地日本国内
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【日立 RAS-AJ22M-W】 

価格(税込)44,800円
対応空間6畳
冷房能力2.2kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)2.8kw
夏の電気代(1日8時間)夏1,786円/月
冬の電気代(1日8時間)冬3,654円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター一般的なエアフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検〇(故障個所がないか自動判別)
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【ダイキン S223ATES-W】 

価格(税込)50,000円
対応空間6畳
冷房能力2.2kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)2.8kw
夏の電気代(1日8時間)夏1,786円/月
冬の電気代(1日8時間)冬3,654円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター抗ウィルスフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

8畳用おすすめエアコン

メーカー
型番
価格(税込)高温冷房運転低温暖房能力空気清浄
日立
RAS-AJ25M-W
46,910円50℃まで3.0kw
三菱
MSZ-GV2522(W) 
48,680円46℃まで3.2kW
シャープ
AY-P25S-W
56,800円45℃まで3.0kw
ダイキン
S253ATES-W
60,741円50℃まで3.0kw
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

価格の安さから、まずは日立製がおすすめ。高温冷房運転+空気清浄機能が欲しい場合はダイキン製もおすすめです。

また、毎年雪が積もる地域など、低温暖房能力を優先したい場合は三菱製も非常におすすめです。

【日立 RAS-AJ25M-W】 

価格(税込)46,910円
対応空間8畳
冷房能力2.5kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)3.0kw
夏の電気代(1日8時間)夏2,030円/月
冬の電気代(1日8時間)冬4,153円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター一般的なエアフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検〇(故障個所がないか自動判別)
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【三菱 MSZ-GV2522(W) 】 

価格(税込)48,680円
対応空間8畳
冷房能力2.5kw(外気46℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)3.2kw
夏の電気代(1日8時間)夏2,030円/月
冬の電気代(1日8時間)冬4,153円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルターPM2.5対応高性能フィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地日本国内
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【ダイキン S253ATES-W】 

価格(税込)60,741円
対応空間8畳
冷房能力2.5kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)3.0kw
夏の電気代(1日8時間)夏2,030円/月
冬の電気代(1日8時間)冬4,153円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター抗ウィルスフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

10畳用おすすめエアコン

メーカー
型番
価格(税込)高温冷房運転低温暖房能力空気清浄
アイリスオーヤマ
IRA-2821G
54,800円非公表非公表
三菱
MSZ-GV2822(W)
57,598円46℃まで3.4kw
日立
RAS-AJ28M-W
56,680円50℃まで3.4kw
ダイキン
S28ZTES-W 
63,480円50℃まで3.4kw
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

アイリスオーヤマ製が特別安く、Amazonでは1番人気のため、基本性能だけで十分ならアイリスオーヤマ製がおすすめです。

室外機の設置場所が日陰でなければ高温冷房運転を重視し、寒冷地であれば低温暖房能力に優れたモデルを選びましょう。

【アイリスオーヤマ IRA-2821G】 

価格(税込)54,800円
対応空間10畳
冷房能力2.8kw(高温冷房運転能力は非公表)
低温暖房能力(外気温2℃)非公表
夏の電気代(1日8時間)夏2,274円/月
冬の電気代(1日8時間)冬4,653円/月
内部乾燥機能風で乾燥
フィルター一般的なエアフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【三菱 MSZ-GV2822(W)】 

価格(税込)57,598円
対応空間10畳
冷房能力2.8kw(外気46℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)3.4kw
夏の電気代(1日8時間)夏2,274円/月
冬の電気代(1日8時間)冬4,653円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルターPM2.5対応高性能フィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地日本国内
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【日立 RAS-AJ28M-W】 

価格(税込)56,680円
対応空間10畳
冷房能力2.8kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)3.4kw
夏の電気代(1日8時間)夏2,314円/月
冬の電気代(1日8時間)冬4,734円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター一般的なエアフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検〇(故障個所がないか自動判別)
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【ダイキン S28ZTES-W】 

価格(税込)63,480円
対応空間10畳
冷房能力2.8kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)3.4kw
夏の電気代(1日8時間)夏2,274円/月
冬の電気代(1日8時間)冬4,653円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター抗ウィルスフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

12畳用おすすめエアコン

メーカー
型番
価格(税込)高温冷房運転低温暖房能力空気清浄
アイリスオーヤマ
 IAF-3605GF
69,800円非公表非公表
パナソニック
CS-362DJ2-W
71,933円50℃まで4.5KW
ニオイ軽減機能
日立
RAS-AJ36J-W
84,600円50℃まで3.4KW
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

12畳用エアコンは、パナソニック製の上位モデルの在庫が残っているため、3機種の中で圧倒的にお買い得なエアコンが手に入ります。

【パナソニック CS-362DJ2-W】 

価格(税込)71,933円
対応空間12畳
冷房能力3.6kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)4.5kw
夏の電気代(1日8時間)夏3,392円/月
冬の電気代(1日8時間)冬6,941円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルターエア+クリーンフィルター
空気清浄機能△ニオイ軽減機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

14~18畳用おすすめエアコン

メーカー
型番
価格(税込)高温冷房運転低温暖房能力空気清浄
ハイセンス
HA-G40E2-WS
74,980円43℃まで5.3KW
換気機能あり
三菱
MSZ-BXV4022S(W)
97,800円46℃まで5.3KW
シャープ
AY-L40P-W
89,800円45℃まで4.8KW
アイリスオーヤマ
IAF-4005GF
74,800円非公表非公表
日立
RAS-F40RM2
89,709円50℃まで5.3KW
ダイキン
S40ZTEP-W
99,800円50℃まで5.3KW
三菱※18畳用
MSZ-GV5622S(W) 
95,800円46℃まで6.8KW
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

中国ハイセンス製のエアコンは安くて換気機能も付いていますが、高温対応が43℃までなので、プラス1万5千円が出せるなら日立製おすすめです。

空気清浄機能が欲しい場合は、三菱製を購入するなら2千円差ダイキン製を購入できるため、ダイキン製の方がコストパフォーマンスが優れているでしょう(18畳用は三菱製がお買い得)。

【ハイセンス HA-G40E2-WS】

価格(税込)74,980円
対応空間14畳
冷房能力4.0kw(外気43℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)5.3kw
夏の電気代(1日8時間)夏3,507円/月
冬の電気代(1日8時間)冬7,175円/月
内部乾燥機能凍結+風で乾燥
フィルター一般的なエアフィルター
空気清浄機能△換気機能あり
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【日立 RAS-F40RM2】

価格(税込)89,709円
対応空間14畳
冷房能力4.0kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)5.3kw
夏の電気代(1日8時間)夏3,846円/月
冬の電気代(1日8時間)冬7,868円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター一般的なエアフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【ダイキン S40ZTEP-W】

価格(税込)99,800円
対応空間14畳
冷房能力4.0kw(外気50℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)5.3kw
夏の電気代(1日8時間)夏3,846円/月
冬の電気代(1日8時間)冬7,868円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルター抗ウィルスフィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地海外生産
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

【三菱※18畳用 MSZ-GV5622S(W) 】

価格(税込)95,800円
対応空間18畳
冷房能力5.6kw(外気46℃まで対応)
低温暖房能力(外気温2℃)6.8kw
夏の電気代(1日8時間)夏5,275円/月
冬の電気代(1日8時間)冬10,793円/月
内部乾燥機能熱+風で乾燥
フィルターPM2.5対応高性能フィルター
空気清浄機能
シーズン前自動点検
コンパクト設計
生産地日本国内
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

エアコンでよくある質問

エアコンでよくある質問をまとめました。

気になる項目があれば、クリック(タップ)で答えを閲覧できるため、悩みの解消にお役立てください。

エアコン6畳用を、8畳の部屋用として買ってはいけない?
対応空間の異なるエアコンであっても、冷暖房能力は十分に備わっています。

ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 適切な空間を超える広さの温度を調整すると、寿命が10年を下回る
  • 電気効率も落ちる(電気代が上がる)
  • 適切な空間が大きく異なると、送風能力が足りない

エアコンは冷房運転であれば27℃、暖房運転であれば20℃に設定して運転したとき、標準で10年もつように作られています。

例えば6畳用でも設定温度を冷房25℃や暖房22℃にすれば、8畳でも十分に部屋の隅まで温度調整できますが、標準を超える使用であるため、多少寿命が減ります(8~9年)。

最適化されたコンプレッサーを搭載していないため電気効率も落ち、8畳用のエアコンと比較して数パーセント程度電気代も高くなるでしょう。

また、6畳を8畳で使う程度なら問題ありませんが、10畳の部屋で使用するには風を届ける力が足りないため、扇風機やサーキュレーターで部屋の空気を循環させる必要があります。

電気代節約のために併用している方も多いとは思いますが、適切な広さが違いすぎると冬でも扇風機が必須になるため、多少邪魔に感じるかもしれません。

なお、大きいサイズのエアコンを小さい部屋で使う場合、寿命は減りませんが、電気効率は悪く、本体価格も高いためおすすめしません。

エアコンの電気代はどれくらい?
空間月の電気代の目安条件
6畳用夏1,786円/月
冬3,654円/月
1日8時間
冷房:27℃設定(外気35℃、湿度47%)
暖房:20℃設定(外気7℃、湿度87%)
8畳用夏2,030円/月
冬4,153円/月
10畳用夏2,274円/月
冬4,653円/月
12畳用夏3,432円/月
冬7,022円/月
14畳用夏3,826円/月
冬7,828円/月
18畳用夏5,275円/月
冬10,793円/月
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 
エアコンの寿命はどれくらい?

エアコンは冷房運転であれば27℃、暖房運転であれば20℃に設定して運転したとき、標準で10年もつように作られています。

  • 冷房は27℃、1日9時間、年間112日の使用を想定
  • 暖房は20℃、1日7時間、年間169日の使用を想定

標準でもつ期間なので、実際には10年以上もつことが多いものの、10年以上使用すると冷媒などが劣化して電気効率が落ちていくため、設定温度をより下げて使わないと涼しさを感じられなくなる可能性があります。

暖房も外気が低い日は電気効率が落ちていくため、省エネを意識する場合は10年ほどで買い替えると良いかもしれません。

エアコンは自分で工事できる?
必要な工具を揃えれば個人でも工事できますが、真空引きに必要な器具をレンタルなどすると、15,000~20,000円ほど掛かってしまうため、2台以上工事するのでなければ業者に依頼した方が安くなります。

どうしても工事費を浮かせたい場合は、窓用エアコンを検討しましょう。8畳用までですが、3万円台からラインナップがあり、暖房兼用のモデルも発売されています。

エアコン本体や工事費が安い時期はいつ?
  • エアコン本体は毎年1~3月に入れ替わる
  • 工事が安い時期はないが、繁忙期は高くなる

エアコンの型落ちモデルを狙うのであれば、年末年始がもっとも安くなります(家電量販店で買う場合)。

ネットで買うのであれば、年中型落ちモデルが手に入るため、自分の好きなタイミングで購入できます。

また、工事料金は繁忙期に高くなる傾向があります。

  • 6~8月の夏需要
  • 11~12月の冬需要

エアコンの販売数が多くなると工事件数も多くなり、業者が通常運転で回せる件数までは通常料金で工事を請け負いますが、どうしてもこの日にお願いしたいなどの融通を聞いてもらおうとすると、追加料金を支払って工事をねじ込んでもらうことになります。

業者内部では休日出勤や残業などが多発するため、繁忙期は追加料金なしでは請け負えなくなる可能性があることを覚えておきましょう。

エアコンは安い機種で十分?
どのメーカーでも、エアコンにはスタンダードモデルと上位モデルがありますが、金額の差の多くは冷暖房能力ではなく追加機能の有無です。

  • 空気清浄機能
  • 換気機能
  • 内部フィルターの自動掃除
  • 加湿機能
  • Wi-Fi接続でアプリ操作

あれば嬉しい機能ですが、加湿や空気清浄機能は別途加湿器を用意すれば補うことができ、換気は窓を開ければ済みます。

Wi-Fi、アプリで操作できれば自宅に帰る前にエアコンのスイッチを入れられますが、アレクサと対応リモコンを用意しても同じことができます。

内部フィルターの自動掃除はカビの発生を抑え、掃除の手間を減らすために欲しい機能ですが、スタンダードモデルでも送風によるカビ抑制機能は付いており、送風+暖房や、送風+凍結などの追加要素が上位モデルにあるだけです。

送風だけでも十分に抑制効果があるため、スタンダードモデルでも十分でしょう。

むしろ多くの機能を使うと電気代が上がるため、エコではありません(上位モデルの電気代は機能を使わずに算出されています)。

工事の時間はどれくらい?

エアコン1台、最短で60分です(室外機平置きの場合)。

取り外しがあると+30分、取り外しでも移設の場合は本体を傷つけないよう丁寧になるため+60分。

配管カバーがあると取り外しと再設置で+30分。

屋根設置や壁面設置は+30分(既存金具がある場合)。穴あけも+30分。新規配管カバーも+30分。配管の曲がり加工は+30分。

これらはあくまでも最短であり、基本的に工事費1,000円あたり10分の作業が必要と考えましょう。

標準工事1万円=100分

標準工事+取り外し合計1万5千円=150分

長いように思えますが、事前見積もりや、エアコンの開梱や簡易清掃などの撤収作業なども含むため多くの時間が掛かります。

新築などで複数台の工事を依頼する場合は安くなる?

業者としては複数台であれば収益を上げやすいため安くなる――と思いきや、依頼する場所によって異なります。

例えば家電量販店は本体の価格競争はありますが、工事は業者に案件を回すだけで工事料金の競争は起こらないため、複数台だろうと工事費は1円も安くなりません。

Amazonなどのネット通販で、工事費込みで購入する場合も業者に案件を回すだけなので工事費は安くなりません。

工事価格の競争がある申し込み場所は実はほとんどなく、唯一競争が行われている場所は、価格.COMのサービス版である「くらしのマーケット」くらいです。

くらしのマーケットでは1台目〇〇円、2台目〇〇円と、台数に応じて値下げを明記しているため、複数台で依頼する場合は非常にメリットが大きいです。

くらしのマーケットは、単一業者による不透明なサービスでなく、数百の個人電気工事士や小規模業者がサービスを競い合っているため、低価格かつ透明性のあるサービスを受けられます。

エアコンは扇風機と併用した方が電気代が安い?

風速1mごとに体感温度が1℃下がり、多くの扇風機は風速3mほどまで風を起こせます。

また、エアコンで冷房運転を1℃上げると10%ほどの節電効果があります。

空間月の電気代の目安+1℃の節電効果扇風機・弱風
6畳用夏1,786円/月178円/月51円/月
8畳用夏2,030円/月203円/月51円/月
10畳用夏2,274円/月227円/月51円/月
12畳用夏3,432円/月343円/月51円/月
14畳用夏3,826円/月382円/月51円/月
18畳用夏5,275円/月527円/月51円/月
価格は2023年5月30日時点 エネルギー単価27円/kW 燃料費調整額5.13円/kw 再生可能エネルギー発電促進賦課金3.45円/kw 

1日8時間使用した場合、温度設定27→28℃にすると、扇風機を同じ時間使用した場合よりも多くの電気代を節約できます。

6畳用だと178-51=127円の節電効果となり、決して高額ではありませんが、7~10月の4ヶ月で508円の節電となるため、決して無駄ではないでしょう。

扇風機の風量を中や強にすればエアコンをさらに+1℃しても体感温度を維持できるため、さらなる節電効果も見込まれます。

なお、扇風機は省エネ性能の高いDCモーター搭載型の電気代の目安であるため、古いACモーター製を使用している場合は、扇風機の買い替えもおすすめです。扇風機の電気代が半分以下になります。

タイトルとURLをコピーしました